忍者ブログ

第46回 堀之内 格 さん

 
 ブルーウィングス 
監督 堀之内 格 さん
  稲沢市を拠点として活動しております中学生女子クラブチーム『ブルーウイングス』 監督 堀之内 格 さんです。
 チームは、平成25年11月に発足したばかりの駆け出しのクラブチームで、伸び代たっぷりの新米チームです。小学生のとき地域のスポーツ少年団などでソフトボールをしていたが、進学先の中学校に部活がなく競技継続が出来ない状況をなんとかしようという思いから発足に至りました。大好きなソフトボールを続けていける環境を中学生たちに提供し、そして高校、大学、社会人と生涯にわたってソフトボール競技に親しんでいってもらいたい、そう思っています。また、競技だけにとどまらず、審判活動や記録員、大会運営さらにはクラブ運営、技術指導などサポート分野においても広く深くつながっていくことをメンバーには期待しています。
現状、稲沢市、清須市、津島市、名古屋市と西尾張地区を中心にソフトボールが大好きな女子中学生が集まって活動しています。活動日は土日祝日。稲沢市内のグランドを確保し練習に励んでいます。また、他チームとの練習試合や高校ソフト部さんと合同練習、大会参加など実力向上のため積極的に外部へも出かけています。
 チームのスローガンは『雲外蒼天(努力して克服すれば、快い青空が望める)』。努力し続けられる精神力の育成に取り組み、ソフトボール競技を通じて人としての成長につながるよう活動を続けていきます。メンバーは常に募集中。ソフトボールをもっとやりたい、これから始めたいという中学生女子、大歓迎です。いつでも、問い合わせください。お待ちしています。
ブルーウィングスHP  代表 平松伸夫

         
          
PR

第45回 久保田 英雄 さん

   岐阜市出身で名古屋市南区を経て昭和53年に現住所の一宮市木曽川町に転入しました。
 ソフトボ-ルとの縁は地域チ-ムから誘いを受けて入部したのが始まりでした。チ-ムは俗に言う”どっこいしょのチ-ム”でしたが、結構楽しく活動をしていました。40歳になったとき、隣町のチ-ムである奥クラブから誘われ入部しましたが、チームメイトからは”ボ-ルを触ると人が変わる”と言われました。チ-ムはそこそこ強く、当時国体に成年2部があり、東海ブロックに3度・全日本に2度出場しましたが、よい結果は得られませんでした。その後、実年チ-ムの奥クラブOBの時、監督の指示で記録資格を取得しましたが、膝の悪化により退部。当時の一宮記録部長であった宮田さんの後を継ぐことになりました。
 現役の時は審判の判定に不満等を表したりしましたが、ネット裏の記録員には全く関心がなかったのが実情でした。今は諸先輩の努力に報い恩返しできるように頑張っています。
 記録員は審判員に比べ表には出ませんが、高齢者にとっては椅子に座れプレ-を見て記帳し集計する、これはボケ防止に最適だと思います。老若男女の皆さん記録員始めませんか。
 尾張支部記録委員会 副委員長 久保田 英雄 さん          
          
☆ソフトボール履歴

平成 2年 一宮市 奥クラブ入部
平成19年 ソフトボ-ル指導員取得
平成19年 第3種公式記録員取得
平成20年 第2種公式記録員取得
平成21年 第1種公式記録員取得
平成22年 第3種公認審判員取得
平成22年 一宮市 奥クラブOB退部
平成22年 一宮市記録部長就任
平成26年 尾張記録指導員就任
平成28年 尾張記録副委員長就任

第44回 村瀬 悟 さん

   豊明市在住で勤務先の先輩から誘われ、地区(二村台)の七丁目クラブに加入しソフトボ-ルを始めました。
 当時は、地区のリ-グでもチ-ムが多数あり、3月から11月までは地元のリ-グ戦や協会の大会でほぼ毎週のように試合を楽しんでいました。まだ若く、中学校・高校で野球部を経験してきた関係でウインドミルの投手が少なく、「父ちゃんソフト」が主体に少し物足りなさを感じていましが、第3種公認審判員取得後に協会の富田審判長(後に会長・尾張支部副理事長)に誘われて、星城高校ソフトボ-ル場に行き、そこで見た投手{大徳ドレッサ-ズ(女子2部リ-グ)に所属の台湾代表投手)の投球に度肝を抜かれ、本格的に審判を始めるようになり、協会の役員にもなりました。その後、富田審判長が豊明市協会の理事長・会長や尾張支部の役員(東尾張地区担当)に就任してからは事務方のサポ-トをすることになりました。
 現在は豊明市協会の会長として、ソフトボ-ル活動を通して、市民や学生(中学・高校)の健康増進・明るい町つくりおよび競技力向上を図る活動に取り組んでいます。また、豊明市長杯として年2回(春・冬)開催します高校女子ソフトボ-ル大会は、選抜大会・インタ-ハイの上位入賞の強豪校も参加し、毎年盛大に開催されています。
 今後も、微力ではありますが「東尾張連絡協議会(東尾張地区11市町)」の事務局としても含め、尾張支部の発展に努めてまいりたいと思います。
  豊明市ソフトボール協会 会長 村瀬 悟 さん          
          
☆ソフトボール履歴

昭和56年 七丁目クラブに加入
昭和60年 第3種公認審判員取得
平成7年 第2種公認審判員取得
平成8年 豊明市ソフトボ-ル協会理事
平成12年 豊明市ソフトボ-ル協会副審判長
平成13年 第1種公認審判員取得
平成16年 豊明市ソフトボ-ル協会副会長
平成23年 愛知県ソフトボ-ル協会評議員
平成25年 豊明市ソフトボ-ル協会会長
平成26年 愛知県ソフトボ-ル協会理事

第43回 安田 秋雄 さん

   昭和41年に島根県より津島市に就職以来、バレーボール・相撲・駅伝等色々なスポーツ活動をしていましたが、今の団地に引っ越して、永宝クラブに入り、現在に至っています。(途中少年野球の指導にて7年間休部)でも、記録活動でチ-ムの試合に出ることは年に1回あるかどうか?ソフトボ-ルも各地域にて、チーム数・部員数が減り活動が大変となっています。少しでも若い人の記録員・審判員の取得を支援出来るよう努力したいと思います。私事ですが平成24年に家内を亡くしボケ防止の為に、クイズ・囲碁・ゲーム等を楽しんでいます。体力の続く限り、記録活動には出かけたいと思っています。
  尾張記録委員会副委員長 安田 秋雄 さん          
          
☆ソフトボール履歴

昭和51年  津島市 永宝クラブ入部
平成 5年  第3種公式記録員取得
平成11年   第2種公式記録員取得
平成14年   第1種公式記録員取得
平成26年  尾張記録指導員就任 

第42回 渡辺 弘和 さん

   大口町ソフトボ-ル協会は、昭和52年に企業チ-ムが主体でが設立されました。その後、地域で協会に加入するチ-ムが増え、我が地域でも昭和55年8月に前田ソフトクラブを結成し、翌年協会に加入しました。チ-ムは、もっぱらバ-べキュ-で親睦を図ることが目的で試合数を上回っていました。このような状況でしたが、一時期は一部に在籍していました。しかし、近年は会員数が減り昨年は隣の地域と合併しチ-ムの存続を図りました。個人的には、昨年4月に大きな手術をしたことにより体力や体重が大幅に減少してしまい現在でも回復していません。当然、ソフトボ-ルはもとより運動がままになりませんが、少しでも体力が回復するよう頑張っています。協会では平成21年に日本女子ソフトボ-ルリ-グ2部大会を誘致し22・24・25・27年、そして今年も5月に開催します。一流選手のプレ-を間近で見られ、観客の皆様を魅了すると期待していますので、ぜひ大口町へ足を運んで下さい。
  愛知県ソフトボール協会           
  尾張支部(尾北担当) 理事 渡辺 弘和 さん          
          
☆ソフトボール履歴

昭和55年8月  前田ソフトクラブに加入
昭和59年11月  第3種公認審判員取得
平成10年2月  大口町ソフトボ-ル協会会計
平成14年11月  第3種公式記録員取得
平成16年2月  大口町ソフトボ-ル協会副理事長
平成16年11月  第2種公式記録員取得
平成20年2月  大口町ソフトボ-ル協会理事長
平成26年2月  愛知県ソフトボ-ル協会財務委員
        全尾張ソフトボ-ル連絡協議会理事

 

広報から一言だけ・・・・健康が1番大事ですので無理をしないように、頑張って下さい。

カレンダー

12 2018/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

最新トラックバック

バーコード

ブログ内検索

P R